海外では当たり前のようにケアされているハイジニーナ。

a1180_007214.jpg

海外では当たり前のようにケアされているハイジニーナ。
VIOをすべて処理してしまっていることをいいます。


元々は、衛生的という意味合いを言葉で、アンダーヘアがないことで、トイレの後なども清潔に保つことができるわけですね。
特に女性は、毎月数日は生理があるために、かぶれてしまう。なんてこともありますが、ハイジニーナを処理することで、衛生面での利点は大きいです。


じゃぁ、VIOとハイジニーナ、何が違うの?と思われてしまいそうですが、基本的に施術の個所は大きく差はありません。


VIOはビキニライン・Iライン・Oラインの総称で、セットやコースになっている場合、VIO3ヵ所の施術と、ビキニラインを3パーツに分けて、それにIラインとOラインをプラスした5パーツの施術コースになっているサロンがあります。


VIOに関しては、完全な脱毛というよりは、アンダーヘアの形を整えたり、下着や水着からはみ出してしまうムダ毛の処理。という意味合いが強いですね。
それに対して、ハイジニーナはVIOを完璧に処理してしまうことです。
つまりは無毛状態にしてしまうわけですが、IラインとOラインはともかく、日本人にとって、Vラインが全くの無毛というのはかえって恥ずかしいという意識が根強く残っているようで、ビキニラインは形を整える程度に残す。


下着や水着に影響しない程度に減毛したり、はみ出さないくらいに整える。といったパターンが多いようですね。

厳密に言えば、完全脱毛をしていない状態はハイジニーナ脱毛とは言わず、通常のVIO脱毛となんら変わらないような気もしますが、脱毛サロンではVIOのセットコースのことを、便宜ハイジニーナ脱毛、ナイジニーナコース。と呼んでいることが多いようです。


海外では、他人と全裸でお風呂に入るような、温泉のような施設はありませんから特別な場合を除いて、赤の他人に裸を見せることもないわけで、アンダーヘアがつるつるでも、恥ずかしさはないのでしょうし、ハイジニーナ脱毛が一般化されているので、処理しているのが当たり前。という風潮があります。
ですが、温泉や銭湯、健康センターなど、同性とはいえ全く知らない人に肌を見せる機会が少なくない日本人にとって、アンダーヘアが全くない。というのは、やはり少し抵抗があるのかもしれませんね。


特に、若い女性には少しずつ浸透しつつあるハイジニーナの処理ですが、年配の方となると、ムダ毛の処理という観念そのものがあまり定着していませんし、アンダーヘアのような場所に関しては、手を加えることそのものが特殊。という捉え方をしている方も少なくないようです。
ハイジニーナ脱毛の利点は多いですが、無毛であることに慣れるまでは、少しばかりの周知が伴うかもしれませんね。
一度処理を終えてしまうと、元に戻すことほとんどできませんので、まずは一度シェービングなりで完全処理を疑似体験してみてから、施術を決めてみることをおススメします。

もちろん、通常のVIO脱毛のように、ビキニラインは残す。という選択もできますので、カウンセリングの際にサロンのスタッフに、きちんと希望を伝えることも大切ですね。

現在vio脱毛が評判なんですよね。痒みが出やすいプライベートな部分もいつも衛生的にしていたい、デートの日に安心したい等。申し込み理由はいっぱいあるので、堂々とスタッフに相談してくださいね。
ワキ脱毛は一日通っただけで金輪際姿を消すほどうまくはいきません。ワキ脱毛に通い続ける期間は一般的には多くて5回ほどで、毛の生えるサイクルに合わせて受けに行くことになります。
永久脱毛を実施してくれるエステサロンはかなり多く、実施法も千差万別。大切なことは0円の事前カウンセリングに行ってみて、自分らしい方法・内容に、信頼を置いてお金を払える永久脱毛サロンかどうかを判断しましょう。
ワキ脱毛に通っている間の家でのムダ毛ケアは、高品質な電気シェーバーやドラッグストアで買えるカミソリなどで、剃り残しのないようにケアしましょう。言うまでもありませんが処理後の乳液などでの保湿ケアは手抜きしてはいけません。
ワキ脱毛の予約日前に、一番分からないのがワキのシェービングです。大方のサロンでは1~2ミリ伸びたタイミングが一番良いといいますが、もし担当者からのまったくない場合は、施術日までに質問するのが安心できる方法でしょう。


至極当然ではありますが、どのような家庭用脱毛器であっても、説明書に書かれている通りにちゃんと使えば問題が起きるはずがありません。モノによっては、顧客専用のサポートセンターに注力しているため、何かあっても安心です。
VIOラインに毛があると菌が増えやすくて不衛生になりやすく、不快なニオイにつながります。反対に、プロフェッショナルの手によるVIO脱毛をしていると、菌の増殖も低減することができるので、結果、ニオイの軽減に結びつきます。
話題のVIO脱毛の評価が高い施設を見つけて、施術を受けることを忘れないでください。エステサロンでは施術後の肌のケアも優しくやってくれるから安全です。
昨今はほとんどのエステでワキ脱毛前に済ませておくムダ毛処理に関連して捕捉してくれるので、過度にドキドキしなくても受けられますよ。内容を失念してしまったらワキ脱毛を申し込んだサロンに思い切って教えてもらいましょう。
両ワキの脱毛などを受けてみると、ワキや手足だけでは満足できずにあちこちのパーツもツルツルにしたくなって、「後悔するくらいなら、スタート時よりリーズナブルな全身脱毛を選択しておけばよかった」と辛い思いをすることになりかねません。


数多くある脱毛サロンで実施する脱毛コースは、単にワキ脱毛だけの特徴ではなく、ヒザ下やVIOラインといった他の部位も一緒で、脱毛を主とするエステサロンで採択されている脱毛術はたった1回の施術では済みません。
医療レーザーは出力が大きく、有益性はお墨付きですが、お値段が張ります。VIO脱毛で迷っているなら、相当毛が多い方は病院で脱毛してもらう方が適していると私は感じています。
全身脱毛を行なうのにかかる1回の施術の時間は、痛くない脱毛はサロンや脱毛専門店によってやや差はありますが、1時間以上2時間以下のコースが一番多いと言われています。5時間は下らないという大変長い店も存在するようです。
除毛クリームとか脱毛クリームはコストパフォーマンスも良く、プロでなくても容易にできる脱毛アイテムです。毛抜きは、例えば腕毛の場合、非常に広範囲にわたる脱毛処理になるため適当な道具とは言い切れません。
サロンを決める上で外れクジを引いたり後悔することは経験したくありませんよね。今まで通ったことのないエステで初っ端から全身脱毛に申し込むのは危険なので、無料キャンペーンをしてみる人も多いようです。